[PR]

 「碍(がい)」という字を一般の社会生活で使う目安となる常用漢字とするかどうか、国語の専門家からなる国の文化審議会で話し合いが続いている。障害者の「害」に替わって使えるように、とのニーズがあるが、常用漢字の基準に照らすとそぐわない。審議では、新たな言葉への言い換え案も浮上している。

 2010年の常…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも