[PR]

 理念法にとどまっている国の法律を補う形で、ヘイトスピーチに対して刑事罰で対処する川崎市の条例が成立した。国の対応が立ち遅れる中、抑止効果が期待され、差別に苦しんできた人たちは「画期的な一歩」と評価する。ただ、深刻化するインターネット上のヘイト行為は罰則の対象外になるなど、積み残された課題もある。▼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも