[PR]

 内閣府が12日発表した10月の機械受注統計(季節調整値)は、変動の大きい船舶、電力を除いた民需の受注額が前月比6.0%減の7988億円となった。減少は4カ月連続で、米中貿易摩擦の長期化による中国経済の低迷などが影響したとみられる。

 内閣府は基調判断を前月の「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも