[PR]

 欧州中央銀行(ECB)は12日、11月のラガルド新総裁就任後初めて理事会を開き、政策金利の据え置きを決めた。追加の緩和余地が限られていることがECBの課題。ラガルド氏は政策効果を点検しながら、理事会内での議論を深める考えだ。会見では「ユーロ圏の景気の減速感には安定化の兆しが見える」と発言。2003…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも