[PR]

 個性的なキャラクターをものにするのも大変だが、あまり特徴のない役で存在感を出すのはもっと難しいだろう。それをやってのけるのが神木隆之介だ。13日公開の「屍人荘(しじんそう)の殺人」で、主演ながら「普通の大学生」に徹した。

 数々のミステリーランキングで1位をとった今村昌弘の小説が原作。神木演じる大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも