[PR]

 少年期から小説、詩歌に親しんだ著者の文芸エッセーである。多くの作家の作品を通して著者が学び、人生の指針としたことの骨格を丁寧に書き込んでいる。含蓄に富む見方がいくつも提示される。例えば昭和と平成の文学は「活版とオフセットのちがい」と説く。

 活版の時代は、活字をひとつずつ職人が拾いあげるので、書く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも