[PR]

 イスラム教徒ロヒンギャに対してジェノサイド(集団殺害)行為をしたとしてミャンマーが国際司法裁判所(ICJ)に訴えられている問題で、アウンサンスーチー国家顧問は口頭弁論最終日の12日、訴えを却下するようICJに求めた。

 この日は、提訴したガンビアが、ミャンマー国内のロヒンギャが今もジェノサイドの危…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも