[PR]

 国際政治が動乱期を迎えている。その背景は国家の力の分布の変化、単純にいえば大国の凋落(ちょうらく)と新興国の台頭である。

 覇権国家の凋落が国際政治を不安定にするという議論はロバート・ギルピンを代表として古くから国際政治学で行われてきた。この議論は、覇権を掌握した国家がその国益のために世界を支配す…

この記事は有料会員記事です。残り1770文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも