(ひととき)わが家の小さな天使

有料会員記事

[PR]

 私には生きていたら42歳になる男の子がいる。名前は「太郎」。おなかの中にいた時はポンポンとおなかをけり、それは元気な子だったのに、この世では生きていけず、出産してたった2時間で天に召された。

 10年前、太郎の遺骨を長野の夫の実家から引きとり、千葉市平和公園にお墓を建てた。ユリの花を刻んだ小さな…

この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ひととき

この連載の一覧を見る