[PR]

 大駱駝(らくだ)艦を主宰する麿赤兒の仕事ぶりは、留(とど)まることがない。今回は自由律俳句で知られる種田山頭火がテーマである(11月24日、東京・世田谷パブリックシアター)。

 死体となった麿がムシロに横たわる冒頭。井戸に飛び込み自死した山頭火の母か。酒と女と放浪に明け暮れる山頭火を、亡母が背後で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも