[PR]

 医療の進歩によって、がんは「治る病気」になってきた。治癒の一つの目安になる5年生存率は、全てのがん平均で66%(2010~11年)に上る。さらに、職場の定年延長と、男性に比べて若い世代でのがん発症が多い女性の社会進出で、仕事をしながらがん治療をする人が増えそうだ。

 東京大学病院放射線治療部門長の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも