[PR]

 ■楽器や書物から聞こえる死者の声

 死者たちは生きている。長篇(ちょうへん)『小箱』で、語り手は幼稚園に住んでいる。ここにはもう園児はいない。いるのは彼女だけだ。

 でも孤独ではない。ガラスの箱がずらりと並んでいて、その中には死んだ子供の魂がいる。この町で子供が亡くなると、その髪の毛は人形たちの頭…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも