20年度予算案、識者に聞く

有料記事

[PR]

 ▼1面参照

 ■歳出改革、腰砕け 小黒一正・法政大教授(公共経済学)

 財政規律が弛緩(しかん)している。消費税を増税したのに歳出が膨らみ、基礎的財政収支は悪化している。外為特会の剰余金など税外収入を利用して、なんとか体裁を取り繕っているにすぎず財政の実際の姿はもっと厳しいと言える。歳出改革もポ…

この記事は有料記事です。残り479文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント