景気判断、引き下げ 海外経済減速で製造業不振 2カ月ぶり

有料記事

[PR]

 政府は20日に公表した12月の月例経済報告で、景気判断を2カ月ぶりに引き下げ、「輸出が引き続き弱含むなかで、製造業を中心に弱さが一段と増しているものの、緩やかに回復している」との見方を示した。海外経済の減速を背景に、生産がさらに悪化したことを踏まえた。ただ、非製造業を中心に内需は堅調だとして、「緩…

この記事は有料記事です。残り564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント