高速炉研究40億円 予算計上 継続意義揺らぐ中

有料記事

[PR]

 次世代原発の一つである高速炉の技術開発費として、政府の2020年度当初予算案に約40億円が盛り込まれた。13年度から8年間で計約360億円の計上となる。フランスの高速実証炉「アストリッド(ASTRID)」計画などへの国際協力と位置づけられてきたが、アストリッドは「計画中止」が報じられており、研究継…

この記事は有料記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント