102兆円、大盤振る舞い 消費増税後、緩んだ「たが」 予算案決定

有料会員記事

[PR]

 政府が20日に閣議決定した2020年度の一般会計当初予算案は、総額が102兆6580億円と過去最高額になった。100兆円の大台を超えるのは2年連続で、19年度当初より約1兆2千億円増えた。財政健全化をめざすためだったはずの10月の消費増税を終えたあと、政府の財政はむしろたがが緩んだようにずるずると…

この記事は有料会員記事です。残り1111文字有料会員になると続きをお読みいただけます。