[PR]

 愛猫の毛の感触をいつも身近に感じていたい。思い出に残せたら――。そう思う人たちに、ブラッシングで抜けた猫の毛をフェルトにし、小物やポートレートなどの作品に仕立てる楽しさを広げている人がいる。

 東京都の蔦谷香理(かおり)さん。自らを「猫毛(ねこけ)フェルター」と称する。猫毛でフェルトの作品を作り始…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも