[PR]

 江戸時代、長崎に置かれたオランダ商館のトップにあたる商館長がつけていた日記に、江戸の大火や地震、長崎の雲仙・普賢岳の噴火など国内各地で起きた災害の克明な記録が残されている。異国の災害を商館長らはどのように見ていたのか。そして、当時の日本人は災害とどう向き合っていたのだろうか。

 江戸時代の日本と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも