(インタビュー)出生率0.98、韓国の宿題 韓国・漢陽大学教授、李三植さん

有料記事

[PR]

 日本では今年の出生数が90万人を割る見込みだが、お隣の韓国もさらに急速な少子化に直面している。政府が対策を打ち出す中でも出生率はむしろ下がり、昨年、とうとう1を割った。子どもを持つかは個人の選択だが、選択肢を狭める要因とは何か。韓国の専門家はそれを、韓国社会が取り組みを迫られる「宿題」なのだという…

この記事は有料記事です。残り3523文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!