犯罪歴削除、ゆれる司法 対象サイトは「社会インフラ」?判断に差

有料会員記事

[PR]

 インターネット上に残る犯罪歴は、どんな場合に削除を認めるべきか。安易な削除を認めれば、社会の公益になる情報が制約されるが、個人のプライバシーや更生(立ち直り)への配慮も欠かせない。ネット時代の新たな課題に、司法も明確な判断を示せていない。

ここから続き

 犯罪歴の公表をどこまで認めるかは以前からある問題だ。出…

この記事は有料会員記事です。残り1783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。