(声)この1年 退職・入院、そして再び教壇に

有料記事

[PR]

 中学校講師 太田千昭(福岡県 62)

 「先生、社会科の教師の枠が空きました」。かつての同僚から電話を頂いた。6月下旬、この電話を機に私の教職復帰が実現する。

 私は55歳で30年間の教員生活にピリオドを打った。3年の休職を経ての早期退職であった。当時、私の心身は壊れていた。3月末の離任式当日、電…

この記事は有料記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。