燃料密輸の疑い、イランが船拿捕 ペルシャ湾、16人乗り

有料会員記事

[PR]

 イランの革命防衛隊は12月30日、ペルシャ湾で燃料を密輸していた疑いで、マレーシア人16人が乗る船を拿捕(だほ)した。イラン国営通信などが報じた。

 革命防衛隊はイランの最高指導者ハメネイ師直属の精鋭部隊。国営通信などによると、現場はペルシャ湾のアブ・ムーサ島南方の海域。船には130万リットルほど…

この記事は有料会員記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。