イラク、民兵ら米大使館襲撃 シーア派組織拠点の空爆めぐり

有料会員記事

[PR]

 米国がイラク国内などでイスラム教武装組織の拠点を空爆したことを受け、イラクの首都バグダッドで31日、数十人のイスラム教シーア派民兵らが米国大使館に押しかけ、施設の一部を破壊した。抗議活動は暴動に発展し、米側の兵士が催涙弾などで応戦した。

 AP通信によると、民兵らは大使館のドアを破壊し、施設内に放…

この記事は有料会員記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。