[PR]

 昨年12月、東京都台東区の岩倉高校。運輸科3年生の授業のテーマは「風呂敷」だった。家庭科講師で風呂敷文化研究家のつつみ純子さんが、奈良時代にさかのぼる歴史、文様や構図の意味、大きさなどを解説した。

 例えば、泥棒の代名詞のようになっている風呂敷の唐草文様。どこまでも伸びていくような文様には、長寿や…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも