[PR]

 ■料理研究家・脇雅世さん

 すいとんと聞いて何を思い浮かべますか。私は母から聞いた戦時中の米の代用食としての話です。皆が貧しく、配給のわずかな小麦粉を水で溶きのばし、ほとんど具材など入っていない薄い塩湯に入れて煮て、おなかの足しにしたという話を何度聞いたことでしょう。その時代の人たちには決して良…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも