[PR]

 福岡市郊外の九州大法学部の一室。准教授の中島琢磨(43)が担当する日本政治外交史のゼミを先月のぞいた。中島と大学院生が1950年代前半の文書を手に、当時の政界論議を反芻(はんすう)していた。

 「朝鮮戦争で政界は外交・安全保障を軸に保革に分かれたと言われますが、経済の混乱が続く中で自由放任主義批判…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも