(評・映画)「コンプリシティ/優しい共犯」 食が結ぶ、店主と青年の心

有料会員記事

[PR]

 藤竜也が演じる蕎麦(そば)屋の店主が蕎麦を打つ。黙々とこね、伸ばし、何度も同じ作業のあと、トントントンと切ってゆく。孤独な中国人青年がその姿を無言で見守り、やがて作法を手ほどきされる中、心を和らげてゆく。演じるのは中国の新鋭ルー・ユーライ。

 青年は技能実習生として来日したが、劣悪な職場から逃げ…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。