[PR]

 バドミントンのマレーシア・マスターズは10日、クアラルンプールで各種目の準々決勝が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)が中国選手を2―1で下し、準決勝に進んだ。女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)は中国選手にストレートで敗れた。女子ダブルスでは志田千陽、松山奈未組(再春館製…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

こんなニュースも