一般車通ると反則切符も 五輪専用レーン

有料記事

[PR]

 7月に開幕する東京五輪パラリンピック期間中の交通対策として、大会組織委員会は10日、路面表示や看板のデザインなどを公表した。国立競技場など都心部の会場周辺に設ける専用レーン(計4.3キロ)には実線、優先レーン(計19.8キロ)には破線をピンク色で引く。警察も青色の標示を設置し、道路交通法に基づい…

この記事は有料記事です。残り145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。