[PR]

 ■古書の町舞台、仕掛け満載 小説家・逢坂剛

 世界に冠たる古書の町、東京神田神保町を舞台にして、門井慶喜がミステリを書いた。『定価のない本』がそれだ。

 時は太平洋戦争終結の一年後。

 古書店主の三輪芳松が、倉庫で崩れた古書の下敷きになり、圧死した。古書店仲間の琴岡庄治は、芳松の死に不審を抱き、ひ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも