[PR]

 陶、書、画、茶、料理。暮らしの美を多彩な作風で表現した北大路魯山人。傲岸不遜(ごうがんふそん)などの悪評がつきまとったが、作品や言葉を読み解けば「自然美にひれ伏した謙虚な人」という正反対の像が見えるという。追い求めた「和の美」とは。

 生い立ちは不遇だった。1883(明治16)年、京都の貧しい神…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら