盲導犬9年連続で減少 育て親集まらず・育成費用不足

有料会員記事

[PR]

 国内で活動する盲導犬が減っている。視覚障害者の日常を支えるパートナーだが、なぜなのか。

 東京都練馬区の幹線道路沿いにある公益財団法人アイメイト協会を訪ねた。国産盲導犬第1号のシェパード「チャンピイ」ら、生涯に1100頭以上を育てた塩屋賢一さん(故人)がつくった伝統ある団体だ。ここを出て働く犬は2…

この記事は有料会員記事です。残り1080文字有料会員になると続きをお読みいただけます。