MOX燃料、初の取り出し 使用済み、行き先未定 伊方原発

有料会員記事

[PR]

 四国電力伊方原発愛媛県伊方町)3号機で13日午後9時、使用済みになったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)を含む核燃料原子炉から取り出す作業が始まった。MOX燃料を使うプルサーマル発電は全国の3原発4基で行われているが、MOX燃料が使用済みになり、取り出されるのは初めて。処分方法は決まっ…

この記事は有料会員記事です。残り440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。