[PR]

 老後資金の「2千万円不足問題」や、5年に1度の年金財政検証など、昨年は公的年金のあり方が注目を集めた。まずは基本的な仕組みをおさらいしよう。

 日本の公的年金は、主に自営業者や非正規労働者、無職の人などが入る「国民年金」と、主に会社員や公務員などフルタイムの働き手が入る「厚生年金」に、大きく分かれ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら