[PR]

 なんという臨場感。江戸時代中期の絵師円山応挙(まるやまおうきょ)の代表作で、彼の唯一の国宝だ。

 冬の朝、松の大樹に積もった新雪が、陽光を浴びて輝いている。右隻の松は力強く、左隻の松は優美。屏風(びょうぶ)の前に立っていると、ひんやりとしたすがすがしい空気までが感じ取れる。

 この「雪松(ゆきまつ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも