[PR]

 期待の若手・横山拓也が俳優座に書き下ろした「雉(きじ)はじめて鳴く」(眞鍋卓嗣演出)が、ある県立高校をめぐるさまざまな問題を多面的に描いて、見ごたえのある舞台に仕上がっている。

 問題の一つは母子暮らしの2年生の舞原健(深堀啓太朗)が、家庭生活の悩みを相談している担任で20歳も年上の独身教師浦川(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも