[PR]

 新国立劇場が2020/2021シーズンのラインアップを発表した。

 オペラ部門では大野和士が新制作4本、レパートリーもの6本を携えて芸術監督3シーズン目に臨む。藤倉大の新作「アルマゲドンの夢」(H・G・ウェルズ原作、英語上演)を世界初演するほか、レパートリー拡充のためのダブルビル(2本立て公演)で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも