[PR]

 ▼3面参照

 ■法政大教授・溝口修平氏(ロシア政治)

 プーチン氏は次期大統領の権限を弱めることで、退任後も影響力を保ちたいのだと考えられる。院政のように引き続き権力基盤を維持することで次期大統領下の体制が不安定化するのを防ぎ、スムーズな権力移行につなげたいのだろう。

 旧ソ連のジョージアやウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも