広がるスマート農業 センサーでデータ収集/ドローンで撮影

有料記事

[PR]

 高齢化や人手不足に悩む農業でITを活用する動きが広がってきた。データ分析や自動化の技術を使い、省力化や収穫量の拡大を目指す「スマート農業」だ。

 埼玉県越谷市の農業技術センターの農業用ハウスでは、いくつものメロンが実っていた。新たな名産品を生み出したい市が試験栽培をしている。昨年からは富士通と組み…

この記事は有料記事です。残り488文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。