(シネマ三面鏡)映画の中の風景を歩こう

有料会員記事

[PR]

 演劇になくて、映画にあるもの。それは風景だ。人間の織りなす物語と、バックを彩る風景がシンクロすれば、説得力が倍加する。音楽と並び、映画にとってこれほど強い味方はない。

 宇賀那健一監督の「転がるビー玉」は、再開発が進む東京・渋谷を舞台にした女の子たちの物語だ。モデルを目指す愛。路上ライブを続ける恵…

この記事は有料会員記事です。残り654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載シネマ三面鏡

この連載の一覧を見る