死刑制度容認、8割超 14年より微増 内閣府世論調査

有料記事

[PR]

 死刑制度について内閣府が5年に1度実施している世論調査の結果が17日、公表された。「死刑もやむを得ない」と容認する割合は80・8%で前回より0・5ポイント増え、4回連続で8割を超えた。「廃止すべきだ」と答えた人は9・0%で、前回より0・7ポイント減った。

 死刑制度をめぐる世論調査は1994年以降…

この記事は有料記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。