子どもの全死亡事例、検証へ 20年度から、5カ所でモデル事業

有料記事

[PR]

 子どもの事故や虐待などによる死亡の再発防止につなげるため、厚生労働省は2020年度から、全ての子どもの死亡事例を検証するモデル事業を一部の都道府県で始める。死亡状況などのデータを集約・分析する「チャイルド・デス・レビュー(CDR)」の22年度導入を目指す方針を固めており、具体的な制度設計を検討する…

この記事は有料記事です。残り169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!