(声)お父さん、大けがの時は病院へ

有料会員記事

[PR]

 中学生 岩下月(るな)(大阪府 14)

 お父さんは大工です。小さい頃は、汽車やおもちゃを木で作ってくれました。大工という仕事は、のこぎりやカッターなどの危ない道具を使うので様々な危険を伴います。背中や足にはたくさんの傷痕があり、中でも一番大きなのは、腰のあたりの鉄の棒が刺さった痕です。今は治って…

この記事は有料会員記事です。残り242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら