(患者を生きる:3962)職場で バセドウ病:2 体、どうなっていくの?

有料記事

[PR]

 横浜市のプロ陸上選手、大宅楓さん(25)は2018年春、突然の不調に陥った。社会人3年目のシーズンを迎えていた。

 練習中、設定タイムを守れない。走ると息が上がり、肋骨(ろっこつ)のあたりが痛んだ。少し動くだけで大量の汗が出る。脈が速くなり、走っていないときもドクドクと脈打つ感覚があった。呼吸も浅…

この記事は有料記事です。残り762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!