(インタビュー)ラディカルにいこう 米政治経済学者、グレン・ワイルさん

有料記事

[PR]

 私有財産も、1人1票も、廃止しよう――。「資本主義と民主主義の国」たる米国で、34歳の学者がその前提や常識に疑問を突きつけ、世界で論争を呼んでいる。成長が鈍り、格差だけが広がる資本主義を乗り越え、デジタル時代の民主主義を機能させるための「ラディカル」(根本的・急進的)な処方箋(せん)とは。

 ―…

この記事は有料記事です。残り3571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。