[PR]

 フランスの作家プルーストの長編小説『失われた時を求めて』=キーワード=の新訳版(岩波文庫、全14巻)を、吉川一義・京都大学名誉教授(71)(フランス文学)が約10年かけて完成させた。日本での個人全訳は3人目となる。19世紀末から20世紀初頭のフランス上流社会を舞台にした長大な物語で、20世紀を代表…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも