[PR]

 思想家の内田樹(たつる)さんは、自分の書いたものがどう引用されても文句を言わないのだという。なかでも入学試験や模擬試験で使われるのを歓迎している。受験生は眼光紙背に徹するように読み、作者の「言いたいこと」を熟慮せねばならないからだ▼「僕としては、そんなに真剣に自分の書いたものを読んでくれる読者は求…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも