ヘイトに罰則条例、相模原市も制定へ 21年度にも

有料記事

[PR]

 相模原市本村賢太郎市長は20日、特定の民族や人種に対する差別をあおるヘイトスピーチを解消するため、罰則付きの条例を制定する考えを明らかにした。2021年度中の制定をめざすという。

 本村市長はこの日、ヘイトスピーチ規制を求める市民団体のメンバーらと懇談。川崎市が昨年12月、繰り返しヘイトスピーチ…

この記事は有料記事です。残り65文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント