[PR]

 三重大や理化学研究所などの研究チームは、原因不明の疲労やだるさが半年以上続く「慢性疲労症候群」の患者を見分けられる血液中の目印(マーカー)を見つけた、と発表した。これまで、うつ病や「亜急性疲労」と見分けるのが難しかったが、早期の発見、治療につながる可能性がある。

 慢性疲労症候群は、突然重い疲労や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも