[PR]

 広島と長崎で被爆して白内障などになり、原爆症の認定を求めた3件の訴訟で、上告審の弁論が21日、最高裁第三小法廷(宇賀克也裁判長)であった。原告の被爆者2人が法廷で「生きているうちにこの問題を解決してほしい」と訴えた。原告側と被告の国側が主張を述べて結審。判決は2月25日に言い渡される。

 原告は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも